DEP(デップ)って何?

DEP(デップ)とは?

DEP(デップ)はDance Education Project (ダンスエデュケーションプロジェクト)の略称であり、ダンス授業の必修化・導入に伴って全国の教育機関に プロのインストラクターを派遣し、ダンス授業をサポートする取り組みです。

実施授業

DEPでは、NSSA所属のプロのダンスインストラクターによるダンス授業を提供しています。ダンス授業は、教育機関向けに構成されており、表現力、協調性、コミュニケーション能力の向上を支援するとともに、安全性にも配慮した内容となっています。

※画像上にカーソルを移動すると動きがみられます。
授業の流れ

①ストレッチ ダンス前の準備運動をします ②アイソレーション 首、胸、おしりなどの部分的な動きを練習します ③リズム取り 音に合わせて体を動かす練習をします ④ステップ ストリートダンスの基本動作、ステップを練習します ⑤振付 音楽に合わせて実際にダンスを踊ります

運営について

DEPは以下の3社が運営しており、協賛企業様の協力のもと教育機関におけるダンス授業をサポートしています。

  • 公益社団法人
    日本ストリートダンススタジオ協会
  • ユニバーサル ミュージック合同会社
  • 大日本印刷株式会社

pagetop
Copyright © Dance Education Project All Rights Reserved.